ダート専門-砂の祭典-

ダート職人によるダート競馬専門ブログ

2020マーキュリーカップ(Jpn3)追い切り含めた事前展望

【スポンサーリンク】

火曜行われる盛岡のマーキュリーカップの軽い展望を書く雑記的なブログ更新です。

土日にTwitterにて予想ブログの更新を毎回1日2〜3回は更新通知を連発してるので‥今回の雑記ブログもTwitterには更新通知は出さないでひっそりとサイレント更新とさせて頂きます。


スポンサーリンク



f:id:Rexkagehinata7:20200709000619p:plain

PVアクセスランキング にほんブログ村

※毎週土日は勿論、平日もマメにブログ更新していますのでTwitterで更新通知しないブログ等もありますので宜しかったらブックマーク、お気に入り登録宜しくお願いします。

(ただでさえ土日ブログ更新通知を連発するのでTwitterの皆さんのタイムラインを汚すのは悪いと思う事もありますので)



まず今回のJRA馬は



3.マスターフェンサー 川田


7.アポロテネシー   横山武


8.ヒストリーメイカー 畑端


9.デルマルーヴル   岡部誠(名古屋所属騎手)


11.ヨシオ      山本恥(岩手所属騎手)



の5頭が出走する。



別定戦でこの時期のダート2000と言う事でややメンバーは薄いがここで賞金を少しでも加算して、
秋の交流戦重賞などの出走を楽にしたいと陣営の本気度も高いとは言える。



去年は3歳で米ダートクラッシック路線に挑戦したマスターフェンサーが帰国後順調にOPまで勝ち上がるものの脚質上も影響はあるがOPでは取りこぼしの2着が続いてるが流石にここは人気の中心となると見ている。


盛岡ダート2000と言うコースに関して触れると
左回りのゲートからすぐに勾配1.5メートルありそこから最初のコーナーまでは500メートル程あり先行争いは長引くがそこまでペースは上がらない

1コーナーからから勾配0.7メートルの緩い登りでさらに向こう正面は勾配がダラダラと1.8メートルあり

3コーナーからは勾配4メートルの下り地点となるのでここで各馬加速し
捲り、差し追い込み勢が一気に動く

コーナー部分はキツくなくゆったり400メートルあるので差し追い込み勢でコーナーワークが上手い馬なら十分にポジションを押し上げれる

最後の直線は300メートルと川崎競馬場と大差無いがまた登り坂があり平坦ばかりの地方競馬場の中では珍しいタフなコースで見応えは十分。



JRA馬では平坦の時計勝負な得意な馬よりは中山阪神、東京中京辺りはこなせているのならこれ位の勾配ならなんて事無くこなせる。


このコース形態を考えると今回マスターフェンサーがまだ重賞勝ちは無いので54キロで出走となれば人気面で注目を集めるのは仕方ないかな?と言う個人的見解ではある。


対抗する候補は
ヒストリーメイカー、デルマルーヴル、アポロテネシー辺りが筆頭と言う構図となりそう。


ハッキリとこの力が問われるこのコースなら今回あまり波乱の目は無い様には思う。

配当面で言えばかなり固めに収まる予想なのでなるべく小数点で馬券を纏めるのが必須となりそう。







人気どころの追い切りを中間含めて見てみると





・マスターフェンサー

ローテ的にも良く調教過程は如何にも死角無しと言った感じで3週前に長めでwで一杯に追っており直前も長めのWを一杯でやってるのでここは本気でとりに来てる陣営の意図は感じる



・デルマルーヴル

ポリトラック追いは前走も変わらずだが強めで追ってるとは言えずっと戸田調教師自ら追い切りに跨っており、休養明けで間隔は開いたが乗り込み量はかなり豊富



・ヒストリーメイカー

ずっと馬也なもののこの馬の場合は前走時にそこそこまで仕上がってると見ているがそれでも緩まない様に2週前はwで長めの距離をルミナスウォリアー一杯の外を0.3秒差を追走してからの0.3秒先着と馬也でやってるのでほぼ仕上がってはいる。
本番手綱をとる畑端Jがずっと跨っているのも好感





パッと目に付いていいなと思ったのはこの3頭ですかね…。



当日朝までには予想更新をしようと思っていますので是非お楽しみに!


スポンサーリンク



ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと宜しくお願いします。

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでもう一度押してブログ内に入るとランクアップポイントが加算されます)


中央競馬ランキング


Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ