ダート専門-砂の祭典-

ダート職人によるダート競馬専門ブログ

2021 高知 黒船賞Jpn3 好調教馬【追い切り】

【スポンサーリンク】

ダート専門ブログの2021年の黒船賞(Jpn3)の追い切りブログ更新です。


ブログ作成時2021年3/13

※追記2021年3/14



いつも通りJRA馬の土日の最終追いがわかり次第随時追記するスタイルでレース当日まで更新し続けます。


いつも通り追い切りで気になった馬等を更新していきます。


スポンサーリンク



f:id:Rexkagehinata7:20200709000619p:plain


PVアクセスランキング にほんブログ村



ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと宜しくお願いします。

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでもう一度押してブログ内に入るとランクアップポイントが加算されます)


中央競馬ランキング





・グリム



屈腱炎で長期休養に入っていたが遂に競馬場に帰って参ります。

Twitterでもお伝えしたが本来の予定では去年10月の白山大賞典か11月浦和記念を予定し一時入厩したものの状態が上がらなかったのか?一旦放牧に出し改めて先月から入厩している。


しかし勢力的に乗り込まれており


3/4 栗東坂路 稍重 助手 末強め

52.2-37.9-24.6-12.3



3/7 栗東坂路 稍重 助手 馬なり

60.4-44.8-30.1-15.0



3/12 栗東坂路 良 助手 馬なり

53.2-38.6-25.0-12.0



長期休養明けながらしっかり坂路で負荷は掛けられているし時計面で見ても順調とも言える。

流石に屈腱炎での長期休養明けなので競馬へ行ってからどうか?

ここからどういった直前追い切りになるのか?楽しみである。














・サクセスエナジー




使い詰めでここのところ根岸S、フェブラリーSともに一杯に仕上げていたので流石に輸送もあり今回の仕上げは軽め中心。

一週間後での追い切りは


3/10 栗東Eコース 良 助手 ゲートなり


13.6-14.5-14.7-15.9-15.1



栗東のダートコースはBコースとEコースの二種類あるが今回のこのEコースはゲート試験が行われるコースで一週前にゲート練習がてらで追いきっており、

使い詰めで馬体が仕上がってるとは言え一週前の追い切りにしてはその前も坂路で軽め馬なりでしか追っていないのでかなり気掛かり。

年齢のせいか以前よりズブさが出てる感じもありスタート後押して行く光景は良く見るのでその絡みなのか?

直前追い切りの情報を大人しく待ちたい。








・スリーグランド


初OP勝ちし今回交流重賞戦線に乗り込んできたが直近の追い切りが秀逸。
そのOP勝ちも負かした相手がタガノビューティと相手に申し分なく勿論勝ち方も良く今後も楽しみな1頭。


3/10 栗東坂路 良 福永J 末強め

51.5-37.6-24.7-12.5

ファルヴォーレ(3歳OP)0.2秒先行同入


格下馬相手とは言え全体時計51.5はかなり優秀。

土、日どちらかで追い切るであろうが輸送も控えており、直前はサラッと流す程度か?


動けているし今回は前走以上のデキにはあると素直に見て良い。



【追記】


3/14 栗東坂路 重 助手 馬なり


57.4-41.4-26.6-12.7


馬場が悪い中馬なりでサラッと流す程度ではあるが終いは12.7と馬場が重たい割には状態の良さが時計にも出た。

後は輸送をクリアして貰えれば。








・テイエムサウスダン




勝ったすばるS(L)前は馬なり主体で乗り込みそこから根岸S前は強めに負荷掛けたのでレース後は少し緩めた後再び坂路で入念に乗り飲まれている。

3/3、3/11と岩田康Jを背にかなり強めに負荷を掛け今回に備え競馬に行ける体勢は整った。


3/11 栗東坂路 良 岩田康J 一杯


53.2-38.1-24.3-12.0


と根岸S前は重の栗東坂路で52.1-12.3だった事を考えたら全体時計こそは時計面で劣るがそれでも終い12.0秒をマークしたのはコンディションも良さそうで好感を持つ。

去年3歳時の丁度この時期の昇竜Sも勝っており寒い時期は体調は維持し易いタイプに思う。








・ノボバカラ


もう9歳となるが交流重賞を転戦して来たが意外と高知は初めてとなり長年組んでいたローテを変えて来た。

直近の追い切りは


3/13 栗東坂路 重 助手 一杯


53.8-38.1-25.0-12.7


馬場が重いながらもそれなりの時計は出して来た。
年末から調整をして来た前走の大和Sから叩いて状態は少し上がった様にも思うが。

3/10にプールを4週した様に年齢のせいか絞れ無くなって来たのかそこが気掛かり。



【追記】


3/13 栗東坂路 重 助手 一杯


53.3-38.1-25.0-12.7


森厩舎の坂路ブッ放し調教とは言え重い馬場でこの時計は優秀。
状態は一週前より上がって来た。






・モジアナフレイバー



大井のフジノウェーブ記念にも登録があったので先週取り上げたところだが

(追い切り内容の詳しくはここで)

www.keibaniki.com



一本前は小林(南関認定外厩)で強めに追ってはいたが次走予定の変更もあってか少し緩めている。


3/10 小林外回り 稍重 馬なり


65.7-50.7-37.5


先週長めの距離負荷を掛け追いきってるのでこの馬なりに順調の様には思う。



   



レース予想はこちらで


www.keibaniki.com








(ダイオライト記念の追い切り更新はこちらから)

www.keibaniki.com





スポンサーリンク