ダート専門-砂の祭典-

ダート職人によるダート競馬専門ブログ

2021 浦和 テレ玉杯オーバルスプリント(Jpn3)好調教馬【追い切り】

【スポンサーリンク】

ダート専門ブログがお届けする、2021年9月23日(木・祝)の浦和11Rテレ玉杯オーバルスプリント(Jpn3・ダ1400)の追い切り更新ブログです。



今回JRA勢は

・ラプタス

・テイエムサウスダン

・サクセスエナジー

にダート初挑戦の

・カツジ


迎え撃つ南関勢は

全日本2歳優駿(Jpn1)覇者であり東京ダービー馬の


・アランバローズ


を筆頭に、


・ベストマッチョ
・ティーズダンク
・アンティノウス
・グランドボヌール


と中々骨っぽいメンバーが揃い
JRA勢もかなり魅力的なメンバーでもあるが南関所属馬の意地も見れそうで浦和ダ1400もあって混戦模様と見立てる。



今回も個人的に追い切りを中間や臨戦過程などから気になった馬を数頭ピックアップして行きます!


今回も、ダート専門ブログらしく専門的な濃い内容でお届けします!





f:id:Rexkagehinata7:20200709000619p:plain


PVアクセスランキング にほんブログ村



ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと押して応援してる宜しくお願いします。

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでこのブログにもう一度入って頂くとランキングが上がりますのでご協力お願いします)


中央競馬ランキング










1.ラプタス





9/9 栗東 プール

プール3周ほど


9/15 栗東坂路 稍重 馬なり

56.6-40.6-26.6-13.3


9/19 栗東坂路 稍重 馬なり

56.0-40.2-25.8-12.7





3月のポラリスS(OP)、かきつばた記念(Jpn3)、サマーチャンピオン(Jpn3)と只今三連勝中で波に乗る。

サマーチャンピオン前に1本坂路で一杯入れて全体時計50.7を叩き出し更にレースは7馬身差圧勝を見せたので今回は間隔も短いのもあり流石にプールも入れて追い切りも軽め。

元々気性面(特に輸送はかなり難あった)タイプなのでこれくらい使いながらの軽めにやれてるのは良いかも知れない。

今年の大目標の金沢でのJBCスプリントは1400なので流石にここは強めで行く必要も無いので輸送慣れ込みの軽めでの調整とは言え直前追い切りでは馬なりで終い12.7を時計は水準は出てるので状態自体は好調キープと見て良い。

上手く走る気が噛み合った時のパフォーマンスは素晴らしいのだが…

テンションでの気性面も未だに不安を抱えるタイプなので交流戦重賞連勝しているとは言え悪い気が出ると力を発揮出来ないタイプなので直前のパドックの気配は特に注意は必要だ!






・3.サクセスエナジー





9/15 栗東坂路 稍重 助手 馬なり

55.5-40.7-26.4-13.0


9/20 栗東坂路 良 助手 一杯

52.4-37.5-24.3-12.3




相変わらず追い切りは動くが今回も別定戦とは言え賞金持ちすぎて59キロがどうかなのだが…

いつもだったら立ち上げもう1本早く追い切っていたとは思うが…その辺は前走後のダメージを考えてか?やや緩めなのかと1週前思っていたがそれでも直前追い切りは一杯に追って坂路で高時計をマークはさすがだ。
この馬自身賞金的にJBCスプリントは出走は当確ラインなだけにそれでも賞金は咥えて帰って来たい意図も見えしっかり動けてるだけに判断が難しい。









10.アランバローズ




9/4 船橋外回り 不良 馬なり

70.7-52.0-36.6


9/11 船橋外回り 重 馬なり

48.5-34.9


9/18 船橋外回り 良 一杯

66.0-48.3-34.8





全日本2歳優駿(Jpn1)でJRAを撃破してる身とは言え東京ダービー馬の1400戦参戦の試金石となる。

南関クラッシックの為暫く短いところを使っておらず更に浦和自体初コースとなるが追い切りはしっかり挑戦者の立場でしっかり乗り込んで来た。
元々持ってるスピードのポテンシャルは素晴らしいものもあり休養明けでこの出来なら状態は良い様に思う。









12.テイエムサウスダン





9/8 栗東坂路 良 岩田康J 一杯

51.7-37.3-24.6-12.7

リュウセイグン(古馬1勝クラス)馬なりを1.0秒追走0.2秒遅れ


9/15 栗東坂路 稍重 岩田康J 一杯

52.0-37.6-24.3-12.0


9/19 栗東坂路 稍重 助手 強め

56.8-39.7-24.7-12.1






2本続けて鞍上の岩田康誠Jを背に精力的にビッシリ追われて直前追い切りもしっかり強めに負荷を掛けれており、休養明けとは言え好仕上がりに思う。

ここのところ栗東坂路は時計が出易い馬場コンディションとは言えしっかりと時計も出せているししっかりと動けている。

個人的に格下馬に遅れをとったとは言え9/8の栗東坂路での1.0秒分追走して追い掛ける形をとっているのに浦和で控えて追走する想定をここで立てている感じがしてかなり好感を持つ。

大型馬の休み明けとは言え臨戦態勢は整いここは好勝負出来そう。

期待したい!









以上追い切りピックアップ馬となります!

www.keibaniki.com


レース当日は勿論レースブログ【穴目の極み】でも取り上げさせて頂きますし、前日の金沢での白山大賞典の追い切り更新も随時更新予定です!
お楽しみに!

〈追い切りはこちらから〉
www.keibaniki.com


【おおきづダートTwitter】
twitter.com