ダート専門-砂の祭典-

ダート職人によるダート競馬専門ブログ

2021 プロキオンS G3 好調教馬【追い切り】

【スポンサーリンク】

ダート専門ブログがお届けする2021年7月11日小倉11RプロキオンS(G3・ダ1700m)の追い切り更新ブログとなります。

今年は小倉ダ1700での開催となり全く別物のレースになりそうな予感です。

今回もいつもと変わらず中間の調整過程を含めての個人的気になった馬をその馬の縦の比較を交えて数頭ピックアップさせて頂きます。




スポンサーリンク



f:id:Rexkagehinata7:20200709000619p:plain


PVアクセスランキング にほんブログ村



ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと宜しくお願いします。

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでもう一度押してブログ内に入るとランクアップポイントが加算されます)


中央競馬ランキング







1.メイショウワザシ





6/30 栗東坂路 良 助手 馬なり


57.3-41.6-26.8-13.4


7/3 栗東坂路 不良 助手 末強め


55.1-39.9-25.7-12.4


7/7 栗東坂路 良 助手 馬なり


53.4-38.1-24.9-12.4




去年夏の小倉の阿蘇S(OP)好走や一昨年夏の小倉の薩摩S(3勝クラス)での好走などで基本的には夏の暑さには強い。

新潟での代替開催となった吾妻小富士S(OP)でブログ注目馬として指名した時にも書いた様に近走は立て直しに成功している。

時計を見ると凄く動いてる様には見えないが直前追い切りの映像は見たがフットワークは軽やかで状態は良さそう。

好仕上がりと判断。









7.ナムラカメタロー





6/23 美浦W南コース 良 調教師 一杯


64.9-50.9-38.3-12.7


ウィンドスピナー(3歳未勝利)一杯の内2.0秒追走0.4秒先着


6/30 美浦南Bコース 重 調教師 一杯


81.7-67.2-53.5-39.7-12.5


7/7 栗東Bコース 良 小牧J 直線強め


82.5-65.0-50.8-37.7-11.8




中間見てると稲垣師自ら追い切りに跨り相当入念に乗り込まれている。
追い切りの動きは勿論良いのだか個人的に面白いなと思うポイントは小倉への輸送の前に栗東を経由し今回手網をとる小牧Jで直前追い切りをしている点は小倉への一気の直接輸送の負担を減らし尚且つ普段とは違う名物のキツい逍遥馬道のある栗東坂路では無くBコースで手応えを確かめる様に追い切ってる点はかなり好評価。

小倉に入れて滞在してしまえば過酷な小倉の暑さに競馬場でのコース追いのみとなってしまうので陣営の試行錯誤が垣間見える。

かなり面白い。







8.ワイドファラオ




6/30 栗東CW 良 助手 直線強め


70.5-55.3-40.7-12.3


馬場外目スマートアリエル(古馬2勝クラス)直線強めの内に0.5秒追走3F併走同時入線


7/4 栗東坂路 稍重 助手


53.7-38.7-25.0-12.4



7/7 栗東坂路 良 助手 末強め


54.0-38.9-24.8-12.2





直前追い切りの映像を見たが流石はかしわ記念を制しただけはある馬体にフットワーク。
追い出してからのフォームは惚れ惚れする。

今回はビッシリ一杯追いでは無いものの短期間である程度の負荷を掛け終いの脚を伸ばす調整は本番での乗り方を想定してのものか?

今回の舞台(小倉ダ1700)はどうか?ではあるが追い切りの動きを見るに状態は良さそう。









9.ウェスタールンド




6/30 栗東坂路 良 助手 叩いて一杯


53.7-39.2-25.3-12.4


7/4 栗東坂路 稍重 助手 馬なり


59.5-44.5-29.5-14.6



7/7 栗東坂路 良 助手 強め


53.1-39.0-25.4-12.4





東京大賞典以来の6ヶ月半の長期休養明けながら陣営ももう少し時間が欲しかったとはコメントしているものの仕上がりは上々のデキと見る。

やや急仕上げ間こそはあるがしっかり外厩で調整はされて来ただろうし何より坂路に馬場入りした日は全て坂路2回追いと時間が無いなりに仕上がりの良さは見てとれる。









10.サンライズホープ




6/24 栗東坂路 良 助手 馬なり


54.8-39.8-25.8-12.8



7/1栗東坂路 重 助手 一杯


52.0-37.2-23.7-12.0



7/7 栗東坂路 良 助手 馬なり


55.3-39.7-25.1-12.1





3歳時のユニコーンS以来の重賞挑戦となるが地道に自己条件で力を付けてからの満を持しての再度重賞挑戦となり今回のメンバーは今までとは違いかなり手強いが中間含めての充実度合いはかなら評価できる。

圧巻なのが7/1の重馬場の中の栗東坂路で一杯に追い

全体時計52.0でラストは12.0秒とかなりの時計をマーク!
直前追い切りでも馬なりながら終いは12.2秒で纏めておりかなり仕上がりは良い。










15.スマートダンディー





6/23 栗東坂路 良 助手 馬なり


51.6-37.6-24.6-12.2


7/1 栗東坂路 重 秋山真J 強め


51.3-37.4-24.4-12.2

リオンキング(3歳未勝利)末強めに0.2秒先行し同時入線



7/7 栗東坂路 良 助手 馬なり

52.9-38.1-24.7-12.2





軽めでも強く追っても栗東坂路で鬼の様な時計を連発しており前走後からしっかり乗り込まれた分久々を叩いた上積みはかなりありそう。

元々追い切り自体は動く方の馬ではあるが..デキ自体はかなり高いレベルに合わせて良い中間、最終を終えれている。

あとはこの手強いメンバーと小倉ダ1700がどうかだけである。
デキ自体は良いので十分穴を開けれる下地は存分にあり。
このデキなら抑えておいてもと思うほどの仕上がり。










以上プロキオンSの追い切り特集とさせて頂きます。


www.keibaniki.com




レース当日は勿論【穴目の極み】にて、

ブログの方で予想を取り上げさせて貰いますのでお楽しみに!


〈おおきづダートTwitter〉

おおきづダート (@hinkonkeiba) | Twitter


スポンサーリンク