ダート専門-砂の祭典-

ダート職人によるダート競馬専門ブログ

2020カペラS G3 中間含めた追い切り考察

【スポンサーリンク】

中山ダート1200は個人的にJRAの中で断トツに好きでなお且つ毎年高回収率を誇るレースであり年一回のこのコースでの別定戦重賞となれば更新にも熱が入ります。


個人的にはもう登録段階のうちからTwitterでも大盛り上がりなのだが…






今回の更新もいつも通り上位人気馬や個人的に中間含めて追い切りが気になった馬をピックアップします。

気になったと言うのはその馬の過去を縦に比較するのに重点を置いています。



スポンサーリンク



f:id:Rexkagehinata7:20200709000619p:plain






PVアクセスランキング にほんブログ村



ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと宜しくお願いします。

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでもう一度押してブログ内に入るとランクアップポイントが加算されます)


中央競馬ランキング





・ジャスティン

突出して良いなと思ったのは坂井Jが騎乗とは言え

12/2 栗東坂路 良

タイセイトレイル(古馬OP)の一杯を馬なり余力ありで1.4秒追走同入で


51.6-38.3-24.8-12.6

と抜群の反応

続く12/6の坂路は助手を背に

56.0-40.2-25.6-12.6

と馬なりでサラッとながら仕上がりは良さそう。

直前追いで輸送考慮し軽めにするか?


〈追記〉
直前追い切りは坂井Jを背に栗東坂路を馬なりながらも軽快な動き。



・ダンシングプリンス

初重賞Vへここに完全に標準を合わせて来ているので乗り込み量も精力的であり突出した時計は

二本前(直前追いを入れると三本前)

12/3 美浦坂路 重 助手を背に末強めで

51.6-37.3-23.9-11.9

と破格の時計前後に馬なりでじっくり坂路で乗り込まれており前走のパターンで言えば直前追い切りは坂路で馬なりならいつも通りの調整方法で不安はなし。
これだけ乗り込めてこの時計を出してる所を見るとコンディション自体は良さそう


〈追記〉
直前追い切りは
美浦坂路 良 助手を背に末強めで

50.5-36.1-23.3-12.0

と猛時計!
走りに前向きな馬なだけに競馬に行ってそれが悪い風に出なければ‥
しかし調整は抜群と言える!
期待!




・レッドルゼル


前走後からしっかり乗り込まれており特に目を引いたのは

12/2 栗東坂路 良 助手を背にレッドガラン(古馬OP)一杯を一杯で追い0.7秒追走同入


52.3-37.9-24.7-12.2


ここで完全に仕上がった様な気もするかそこから馬なりで坂路一本、長距離輸送の事を考え直前追いは馬なりでサラッと程度ならこの追い切りで陣営は仕上ったと見て良し。


〈追記〉
直前追い切りは末強めとは言え二歳馬にクビ差先着を許しまずまず。
しかしその前に仕上げてる事もあり輸送でガレなければ…。






各馬追記しましたがこの三頭が特に追い切りは良かったかなと思います!



レース当日まで色々と悩む事にします!

当日のブログ更新をお楽しみに!



スポンサーリンク