ダート専門-砂の祭典-

ダート職人によるダート競馬専門ブログ

20.8/23(日)新潟11R NST賞+ブログ1年突破コラム的自分の馬券、予想、競馬について【今日の渾身】

【スポンサーリンク】

まずはいつも通り土曜分のブログ注目馬の結果と軽い振り返りを‥



新潟9R 瀬波温泉特別


・グラマラスライフ


6番人気7着

ゲートはスッと出れたものの展開的に2着馬モレッキが後続を突き放す単騎逃げ‥この差し馬揃いの中追いかけて鈴を付けに行く馬も当然いない‥
こうなると各馬自分のペースを守る硬直状態にコーナー入る前に差し勢含めてグンとペースアップもとき既に遅し‥
あの硬直状態だから揉まれ無い位置で進めれてはいたが周りと同じ位置での仕掛けで更に最後直線で外に出してはさすがに届かない‥
また違った感じのメンバー構成で見直したい。
グリーンチャンネルパドック解説ではあまり良く言われていなかったがトモがやや緩い位でこの馬のいつもの形いつものデキにはあったので次走まで放牧挟まないのならこのまま維持してもらいたい。
この手の脚質的なタイプのダート馬は常にダート戦において人気はしないが確かに腰は甘いところはあるのは事実だが状態さえ良ければ常に一発はある馬なのでまた注目を。





小倉12R 3歳上2勝クラス


・ファビュラスギフト


8番人気1着

やや気難しい面があるので心配していたが心配をよそにパドックツイートの見解通りブログの見解通り行ききりハナに立ちそのまま押し切り1着。
勝馬に対してそこまで説明はいらないだろうが‥1つ上のクラスになるとややクラス慣れは必要だと思うが昇級初戦揉まれ無い外枠なら軽視してはいけない馬ではある。
ポテンシャルはやはり高いが今後の番組選択は難しいのは確か。




土曜はブログで取り扱ったのは2R分だけだったがこの人気、このオッズで頭で来てくれたので一安心。




気が付いたらこのブログを書き始めて1年以上経っている事に気が付きました
(今月なった辺りで1年経っていたのをようやく気が付きました)



人からドメインごと引き継いでひょいなキッカケの軽い気持ちから初めたブログとは言え‥


ブログを始めた頃の日記みたいなブログや前スタイルでのブログは殆ど消してはしまいましたが‥
この1年間は
特に今年に入ってからは自分の予想、馬券検討のついでとは言え、
毎週末マメに更新するのが生活の一部となりましたしブログやTwitterで競馬に関して情報発信する責任感を感じる事も増えて来ました。
随分昔のフザケた様なブログも消したとは言え気が付けばブログ投稿数160超え投稿日数120日超え‥
熱中すると恐ろしいですね‥


(前Twitterアカウントを知ってる方はご存知ですが出身が5ちゃんねる旧2ちゃんねるのなんJ出身だけあってなんJで培ったレスバトルのノリでブログで情報発信するまでは自由気ままに有料予想業者や知ったかぶりで競馬予想を発信するYouTuber等に悪態ついたり揚げ足取りしたり俗に言う糞リプ飛ばしまくってたり自由奔放に公序良俗に引っ掛かる様なツイート連発しまくる頃も確かにありました…えぇ‥)



ちょっと予想に行く前に少しコラム的なものになりますが‥
私の競馬や競馬予想に馬券に対して思っている事を書かせて頂きたいと思います。






たまにTwitter上やメールなどで、



「ブログが当たった時もっと喜んでも良いのに…」




「上位人気馬でも無いしブログ馬の調子一時的に優れなくとも過去の渾身の当たり等引っ張り出して来てもっとアピールしたら良いのに…」




とそんなにフォロワー数も多く無いTwitterアカウントなのに有り難い言葉を頂く事が増えつつあったり‥

リプ欄やDMで全く普段から絡み無くても丁寧にお礼のDMをくれたりする機会が増えました
(誹謗中傷系は曲がりなりにも予想してる立場なので普段から来ますのがそれは返信はしませんが)









以前にツイートしたこの通りの自分なりのポリシーなので大体いつも通りこんな感じで
謙遜では無く良いと個人的には思っております‥


図に乗った時期なんかも過去には確かにありましたし予想、馬券で過信し過ぎると本当にロクな事無いのも事実ですし、




競馬を知れば知る程1頭の馬の勝利、好走の裏には多くの関係者の目に見えない努力や苦労や想いが詰まっており‥敗戦した馬の裏にも同様なのを知って行って少し大人にはなりつつこのスタイルに至っていますのでご理解頂けたらと思います。



結局は過剰な自分の持ち上げよりは日々の結果や日々の分析の積み重ねの見解を見て頂けたらそれで十分だとは思ってます。




たかが競馬されど競馬



競馬好きの中では馬券の要素に比重は偏ってはいますが‥
自分自身競馬好きだと思っておりますし

それでも真剣に日々向き合ってブログやTwitterで競馬に対して情報発信しているので変に記者やトラックマン、関係者でも無いのに自分自身を奢るのも個人的に違うなとは思いますし‥



結局いくら普段から分析や見解や予想して当たろうが外れようが
頑張ってるのはその走ってる馬とその周りの関係者の努力以外何物でも無いのは事実なので、



私自体その事実を大事にしたいと自分なりに競馬について情報発信させて頂いています。





SNSやブログでブランディングの一環で奢った様な自惚れたそんなスタイルもそれはそれでありだと思いますし‥


自分の予想、馬券の改心の予想、馬券に


その何倍も悔しい、惜しい予想、馬券があり


その何十倍も全く惜しくも無い予想、馬券があるのは自分自身わかっていますし。



何回も書いてますが去年途中から馬券スタイルを原点に戻し上手く改良を重ね上手く立て直してはいますが馬券でかなり苦しい辛い思いをした事もあるし自分はこのスタンスで個人的には良いと思っています。

(けして他人や特定の人のスタイルを批判してる訳ではありませんのでご理解頂けたらと思います)


あくまでも自分自身が情報発信し見てくれる方がどう受け止めどう活かすかは受け手の自由であるので全て個人の見解では書いてはいますが常に趣味でブログ発信してる限りは多少の言葉の重みや責任は感じたいとは思ってはいます。



ブログ馬が走れば馬が頑張った


ダメだったら私の予想と見解が悪かった




それが事実だと思います。




まだまだネット界の最果てにある様なこのブログではありますが可能な限りも継続して行こうとは思っていますし、
今後何かの間違えで有名ブログにでもなった日には見てくれる皆さんやTwitterでいつもイイねRT等してくれる方は



「あのブログはワシが育てた〜」



位言って頂けたら幸せでございます。




1年経ちましたが今後も少し位はブログ、Twitterを見てくれてる方の何かしら役に立てればと思っておりますので…


今後とも砂の祭典と私おおきづを宜しくお願いします。








私の馬券自身も、
パドック返し馬の直前ありきなスタイルですし
(ワイドで数点しか買わないのでなせる技ですが)

少しでもブログの質を上げる為に印方式を辞め結構長い期間1頭ピックアップの形をとっているのでそちらのスタイルも今後続けて行きたいとは思ってはいます。
(勿論見送る時は今まで通り正直に見送るとTwitterでツイートはさせて貰います)


昨日少し書いた事と重複はしますが‥

出来る限りブログ注目馬として取り上げる馬に関しては自分の馬券スタイル同様に
馬券妙味重視の上位人気馬以外から取り上げるコンセプトでやっておりますが
普段から狙い要素と不安要素は同時に書く様に心掛け人気薄の穴より予想とは言え、
自分なりのそれなりの根拠あってのものなので毎更新毎、
文章は省略する時は予め言ってはいますが狙いの要素について一切手を抜いているつもりは無いのでそちらの方もご理解頂けたらとは思います。




では今日もいつも通り馬券妙味を探すブログ更新の始まりです。




スポンサーリンク



【砂の祭典の賢い活用術】

当ブログは運営の私、【おおきづ】がダートレース専門の馬券購入スタイルの為ダートレースにとことんまでこだわり日々更新しております。

f:id:Rexkagehinata7:20200709000619p:plain



予想ブログ更新の際のテーマは‥



【馬券妙味のある穴目の相手候補】




をテーマに人気馬では無い
(1〜3番人気は極力避ける)
激走しそうな下地に根拠のある馬を一頭を毎回ピックアップしています。
その為軸としてのピックアップと言うよりは連系の相手、紐候補として皆様の馬券検討の際一考していただければと思っております。



交流戦重賞の更新となるとそうも行かないので地方交流戦重賞更新の際は1番人気以外から



1番人気馬を負かせれる可能性のある馬



を1頭ピックアップする方向性で更新して行きたいと思います。
(不定期の平日の南関レース更新時は大井開催を中心にメイン前後の特別戦時はいつも通り馬券妙味考慮し穴馬を推したい)


※ブログ注目馬の結果、回顧は

土曜分は翌日日曜更新時
日曜分は次週土曜更新時
地方分はTwitter

にて、それぞれさせて頂いてます。

PVアクセスランキング にほんブログ村






新潟11R NST賞 OP ハンデ ダ1200




・7.レッドアネラ





ハンデ戦らしく難解なメンバーが揃ったがこの混戦模様の中馬券妙味を重視してこの馬をブログ注目馬として推す。


テンからガンガン競り合いは避けたい先行陣ではあるがペースはかなりそれなりに早くなると見るが元々前半が早くなっても出来る馬なので気持ちで走る馬ではあるが最近は中山ダート1200中心に使ってはいるが未勝利勝ちの舞台でもあるここ新潟ダ1200は久々に使ってくれこれだけ過小人気しているのなら馬券妙味も出て尚良い。


先程書いた様に気持ちで走るタイプだけに揉まれて走る気さえ無くさなければと思うがハナをとれなければ別に番手からも出来るので鞍上はその辺りを考え乗ってはくれるとは思うが
OP入り後最近残り半ハロンで気持ちの問題でパタッと止まるパターンが多いがコーナーが急で各馬仕掛けるタイミング次第で全く届かなくなるここ平坦新潟なら鞍上の仕掛け方1つなので期待したい。


元々良い感じで突き放し単騎逃げに持ち込んでも気持ちが切れると止まる難しい面と最近は右回りの中山を使ってる割には内のラチ沿いにささる面気難しい面が年齢とともに見られるので今回の新潟変わりは一変してもとは思います。

元々未勝利時代は左回りに照準を合わせて馬作りしてた様に個人的には見ていましたし坂の無い平坦でも十分やれるのでそんなに前でやり合わなければアッサリもありえる。



(このブログの下書き段階では日曜に日付変わった辺りに書いてはいるが)
オッズ程上位人気とはそんなに差は無いと個人的には思うし、

休み明けとは言え馬房の回転の問題で加藤征厩舎なのでそこまで間隔が開く調整はデフォルトでダート馬の調整力は美浦じゃトップクラスなのでそこまで気にしなくて良いとは思います。




中間の調整を見ても帰厩後時計は出て無いもののこの馬自体稽古駆けしないタイプなので時計はそこまで気にしなくても良く、
放牧先の外厩は一口をやっている人間には藤沢厩舎等が使ったりと色々有名な阿見トレセンですが…

そこについては賛否あるでしょうが個人的にはダート馬の調整については結構個人的には好きな仕上げ方をしてくるので私自体は結構好きなので外厩である程度乗り込まれてはいて勝負出来る状態にあるとは思っているので帰厩後乗り込み5本で坂路2回追いを頻繁にしていますがそこまで割り引く必要は無いかな?とは思いますが…
多少太い可能性も否定出来ないので馬体重が500超えて出てきたらパドックでは緩いのか締まってはいるのか馬体を見て見極める必要はありそうですがここに来て強めに折ってる追い切りメインなのは好感は持てます。





返し馬までは時間的にTwitterで触れれる時間は無いので一応補足で書いておきますが陣営コメントでは今回無観客で気持ちが乗らないので意図的にメンコを外すと言っていましたがパドック〜返し馬で多少テンションが高くなっても陣営の思惑通りなのでイレコミまで行かなければそこまで気にする必要は無いと思います
(気持ちで走るタイプの短距離馬なので)




普段は返し馬で馬場入場後に先出しであまりテンション上がらなくしていた馬だけに返し馬を周りと合わせてするのか
いつも通りテンション上がり過ぎない様にすぐ輪乗り場に出来る限りテンション上げない様に行くのかは鞍上がパドックの気分で判断するとは思いますが鞍上の戸崎Jは目に見えない部分ではあるがその辺りのパドック返し馬からゲート入りまでの一連の流れはトップジョッキーだけあってかなり考えて工夫するタイプなのでその辺りも注目ではあります。




久々の新潟で一変あっても不思議では無くOP入り後コパノキッキングに0.6離された4着とは言えいきなり重賞カペラSで好走した様にポテンシャルは常に高いのでここは期待したい。





一発ありますように!





(週中に指数に関してブログ更新しましたのでまだご覧になって無い方は読み物として是非どうぞ)
www.keibaniki.com



スポンサーリンク



ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと宜しくお願いします。

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでもう一度押してブログ内に入るとランクアップポイントが加算されます)


中央競馬ランキング


Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ