ダート専門-砂の祭典-

ダート職人によるダート競馬専門ブログ

20.9/12(土)中京11RエニフS(L)【今日の渾身】

【スポンサーリンク】

ブログを少しリニューアルして一斉更新の【穴目の極み】がメインとなりつつあるので
やや久々の【今日の渾身】の更新となりましたが‥


穴目の極めも朝一に更新通知をTwitterに出すだけなので見逃してしまったとの声も頂く事はありますがこれはこれでTwitterの皆さんのタイムラインをブログ更新通知連発やパドック見解などで汚さないのでありかな?とは個人的に思ってはいます。


今日の他の更新
中山8R
中山10R
中京10R日進特別
のブログ更新分
www.keibaniki.com



少し久々の長めの文章を書くので普段の私の競馬予想を文章にする際のこだわりやこんなコアなダート専門のブログを続けているのであまり個人的に使いたく無い言葉等に触れましたがあくまでも個人的な意見ではありますのでご理解頂けたらと思います。


今までこの【今日の渾身】のブログを、
1R、1頭ずつ入念に文章書いて来た訳ではあるが
一斉更新の【穴目の極み】があるおかげでこのブログもより特別な文章を書いて強めに推せる馬への差別化も出来る様に思います。

勿論【穴目の極み】自体も短評にはなってはいますが省略しているだけで指名馬の人気オッズに対して的中率、回収率を見て頂ければ別に手を抜いてる訳では無いと理解は得られるかな?と勝手に思ってはいます。


今日も馬券妙味を狙い、練りに練ったブログ更新の始まりです。



スポンサーリンク



【砂の祭典の賢い活用術】

当ブログは運営の私、【おおきづ】がダートレース専門の馬券購入スタイルの為ダートレースにとことんまでこだわり日々更新しております。

f:id:Rexkagehinata7:20200709000619p:plain



予想ブログ更新の際のテーマは‥



【馬券妙味のある穴目の相手候補】




をテーマに人気馬では無い
(1〜3番人気は極力避ける)
激走しそうな下地に根拠のある馬を一頭を毎回ピックアップしています。
その為軸としてのピックアップと言うよりは連系の相手、紐候補として皆様の馬券検討の際一考していただければと思っております。



交流戦重賞の更新となるとそうも行かないので地方交流戦重賞更新の際は1番人気以外から



1番人気馬を負かせれる可能性のある馬



を1頭ピックアップする方向性で更新して行きたいと思います。
(不定期の平日の南関レース更新時は大井開催を中心にメイン前後の特別戦時はいつも通り馬券妙味考慮し穴馬を推したい)


※ブログ注目馬の結果、回顧は

土曜日曜分は翌週の週中にまとめてブログで
地方分はTwitter

にて、それぞれさせて頂いてます。

PVアクセスランキング にほんブログ村




中京11R エニフS (L)ダ1400




・12.ブルベアイリーデ





左回りに1400の今回中京のエニフSとなればこの馬を積極的に狙いたくブログ注目馬指名として推す。

2歳時はキンシャサノキセキ産駒もありベスト1200から1400くらいなのかな?と思っていたが想像以上に距離の融通が効き普通にマイルまでこなせる。

同じ左回りの東京1400の好走時の映像を見て貰えればわかるが本質的には1400が現状ベストであり休み明けとは言え、
重賞では無くリステッドの今回はここであっさりの可能性も充分にある。

陣営のコメント通りなら外厩(淡路島のヒイラギS)にて緩めず乗り込んでおり、
中間の追い切りを見ても
(間は省略)


9/2の助手を背に栗東坂路良

強め53.4-12.2


9/6助手を背に栗東坂路良

末強め56.8-113.4


9/9鞍上吉田隼Jを背に栗東坂路良


馬也51.3-12.2(自己ベスト)


軽い騎手騎乗とは言え坂路自己ベスト更新と今までの休み明けで一番良い状態ではある。
鞍上の吉田隼人Jは初騎乗ながらかなり良いコントタクトはとれ手応えは感じているはず。

元々持ってるポテンシャル的に重賞位はとれる馬と見ており。

やや省略したブログ更新となった今年4月の東京ダ1600のオアシスS(L)時もブログ指名馬として追い切りがこの馬の水準以上に動いていると指摘時も見事に突き抜け1着となっている。

(その時のブログ更新)
www.keibaniki.com


状態面と坂路の追い切りが直結する馬なので尚更今回もかなり期待は出来る。

想定のこの人気は馬券妙味しか無く仮に予想より売れて3番人気辺りまでなら私は笑顔で買うと正直思う。







自分で久々に少し長めの文章を書いていて気になったが

これは完全に余談にはなりますが私自身「追い切り」の事を調教と呼ぶのがどうも嫌い、苦手で‥。



毎日の様にしている引き運動や角馬場での乗り運動やコース出て軽くキャンターで流す程度の乗り運動は新聞の調教欄に乗らないがそれも馬を作る上で基礎の部分なので普段の調教は調教、追い切りは追い切りとちゃんと言いたいので普段馬に接してる担当厩務員や助手はしっかり何かしら馬がレースに出れる為に日々何かしら運動させていて
コースで時計出して無い時は別に草食って寝てる訳では無いと勝手な自分の拘りでずっと文章書く時も追い切りと表現させて貰ってます‥。



話しが少し脱線したのだ戻そう



レース自体のペースも開幕週で平均以上で流れ時計勝負に前に行きたい馬達のおかげでペースはある程度流れると想定するとこの馬にとっては絶好の展開となるはず。

毎回前にポジションを無理にとりに行くとチグハグな競馬になりこの馬のリズムで走れては無いのであくまで先行の一団を離れた位置中団外目追走がベストかな?とは思う。


予想以上に流れると後方待機の1.デュープロセスの一発で後ろから差される可能性もあるが得意な左回りでは勝ち負けはしてくれるだろうと期待したい!



「ダートは格」

との言葉があり予想家、予想屋が頻繁に使うのを目にするが‥

私の個人的な意見はそれは普段ダートレースをロクに解析もせずにダートのG1、重賞やOPが実際訪れる度に馬柱だけを見返す人間が多用する言葉過ぎて如何にも


「私は普段ダートレースは芝のレースの片手間です」


と言ってる様にどうしても聞こえてしまうので普段から砂に侵食されてる私はあまり使いたくは無く普段からダートレースばかりを解析し続けこのブログでもダートレース予想を情報発信している私は軽々しくその言葉を使うべきでは無いと勝手に思っております‥。

(芝レースも勿論同じ競馬として好きですが馬券は買わないので‥)



その言葉を使うと一言で文章が締まる様に見えるかも知れませんが、
その言葉を使うのであれば他の当てはまる馬の解説も触れるのがこんな軽い予想ブログとは言え、
情報発信側の筋だと思いますしね‥



しかし、


今回は流石にこの馬は格上と見て問題は無い様に思います。





今回その「ダートは格」と言う頭の悪そうな発言をしてしまったので
仮に今回「ダートは格」に重点を置き他の馬にも目を向けるのであれば‥



極限まで時計勝負になった際上手く馬群を捌くかもしくはコースロス承知の内から外ブン回し届く状況なのではあれば‥

先程チラッと触れた1.デュープロセスが右回りの阪神でコースや求められる適性がズレるとは言え
7月のG3プロキオンで先着を許したのは統一ダートG1馬サンライズノヴァ、去年のJBCレディスクラッシック女王ヤマニンアンプリメ、芝重賞実績馬エアスピネルとG1級だけだったのも事実なので頭に置いておいた方が良さそうだが‥



ダートレースだけを他人から見たら狂った様に見てる私は「ダートは格」の言葉に頭ごなしに囚われすぎると他にも抑える馬も増えるので極力は使いたく無いのはここまで読んで理解頂けたと思うが‥


その言葉一つで該当馬が他にも出て来て結局は私自体どの馬に焦点合わせてブログ書いてるかわからなくなり読んでる側にブログ注目馬の持ち味や特性が伝わり難いので馬券妙味を狙うのであれば全く不要な言葉なのである。



ある程度人気薄の激走を予想する面で根拠の無い格言めいた言葉を信じる位ならその分過去レースを見る事を強くお薦めしたい。


人気薄の激走の根拠探しに常識は不要で普段から馬を見る目を養ったり、しっかりとした見方で馬を分析する方が遥かに有意義だとは思います。


あくまでも個人的な意見ではありますがね(苦笑)



私自身こうしてブログで予想発信してる以上しっかり狙う根拠はあって毎回書いてはいるし、強い口調で書けば書く程外せばTwitterで苦情のDMも飛んで来たりするが
これだけ色々確信しようが外す時はあっさり外すし狙い通りならドンピシャで当たったりするし

競馬予想、馬券に取り憑かれてる一人でもあるので毎回更新する度

短評程度であっても一切手を抜かず自分なりに責任持って情報発信はしているつもりなのでご理解いただけたらとは思います。



だから私は今回馬券妙味と勝ち負けの可能性から素直にブルベアイリーデを推したい



勝ち負けまで期待したい!




一発ありますように!






スポンサーリンク



ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと宜しくお願いします。

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでもう一度押してブログ内に入るとランクアップポイントが加算されます)


中央競馬ランキング


Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ