ダート専門-砂の祭典-

ダート職人によるダート競馬専門ブログ

20.8/23(日)小倉10R薩摩S【今日の渾身2】

【スポンサーリンク】

こちらもハンデ戦であり斤量どうよりこのクラスの曲者が集結し枠順後にかなり頭抱える枠順となり正直このパターンなら目星付けている馬の中から1番の人気薄を狙うのがおおきづ流の穴馬との向き合い方の1つのセオリーではあるが…



枠順確定後に

「これはグリーンチャンネルの解説の言葉の1つ、有名競馬タレントの言葉1つで直前までオッズが変わるパターンだな‥」

と悟った。



この場合のハンデ戦でオッズが読めなさそうな時は私の狙いは大体2パターンに分かれる。



枠順後展開予想後が大前提ではあるが



パターンA
・目星の馬の中で1番人気薄になると思われる馬をリスク込みで狙う



パターンB
・鞍上、ローテその他のローテで明確な不安点がある実績馬、実力馬が思っている以上に過剰人気しない事を天に祈る




今回の場合は私はパターンA1択になる。
結局は如何に人気薄を拾えるかで年末には天と地の差が出るのでこの場合は開き直って馬券妙味と期待値に振り切った方が合理的でもありお気持ちにも優しい。


何度も言ってはいるが私自身の馬券スタイルがワイドの為、ガミと的中の際の合成オッズを計算してもそう点数は何点も買えなく
人気馬、有力馬同士の配当100円代〜200円代のワイドを1点で仕留める前提の馬券を買うにしても
確実に夏場の小倉の準OPのハンデ戦では無いのは確かであり、
待ってりゃ嫌でもそこを狙わないといけない、それしかない様な日は出てくるので夏競馬真っ只中の小倉で流石にそれは合理的では無いの結論に至る。


今日も馬券妙味に走る。



今日のこれまでのブログ更新
(新潟メイン分)
www.keibaniki.com


スポンサーリンク



【砂の祭典の賢い活用術】

当ブログは運営の私、【おおきづ】がダートレース専門の馬券購入スタイルの為ダートレースにとことんまでこだわり日々更新しております。

f:id:Rexkagehinata7:20200709000619p:plain



予想ブログ更新の際のテーマは‥



【馬券妙味のある穴目の相手候補】




をテーマに人気馬では無い
(1〜3番人気は極力避ける)
激走しそうな下地に根拠のある馬を一頭を毎回ピックアップしています。
その為軸としてのピックアップと言うよりは連系の相手、紐候補として皆様の馬券検討の際一考していただければと思っております。



交流戦重賞の更新となるとそうも行かないので地方交流戦重賞更新の際は1番人気以外から



1番人気馬を負かせれる可能性のある馬



を1頭ピックアップする方向性で更新して行きたいと思います。
(不定期の平日の南関レース更新時は大井開催を中心にメイン前後の特別戦時はいつも通り馬券妙味考慮し穴馬を推したい)


※ブログ注目馬の結果、回顧は

土曜分は翌日日曜更新時
日曜分は次週土曜更新時
地方分はTwitter

にて、それぞれさせて頂いてます。

PVアクセスランキング にほんブログ村






小倉10R 薩摩S 3勝クラス ハンデ ダ1700




・10.スマートセラヴィー





冒頭の書き方ならとんでも無いレベルの人気薄指名と思わせながら比較的現実的に一発ありそうなラインをブログ注目馬として推す!

除外続きではあるがローテ選びに評判高い矢作厩舎の馬が札幌のダ1700に適性が高いこの馬を小倉ダ1700に持って来て更にこの夏開催にしては小倉ダートも手の内に入れてる藤岡康Jで出てくるなら勝負度合いは高いと見る。


競馬予想でもそうだが人間面倒が勝ち過去走を振り返らず予想、馬券検討が多く、去年の夏に札幌とは言えダ1700でこの馬が1勝2勝クラスを連勝している事等新聞の馬柱の欄からも消え去っているだろうし(良くて4走前の1月小倉の不良馬場の中4着に粘ったのが目に付く位か?)
ダ1700成績でチェックしていても
そこまで気にしてない人間が多い分近走の馬柱の汚れ具合を見てもそこまで人気はせず、

その分馬券妙味も出てくるのでここは狙いに行く。


元々は芝でもそこそこは走れる馬ではあるが気難しさと子供っぽさが混同し脆い面も合わせ持っている馬ではあるが

ダート1400から1700辺りが現状ベストな馬で明らか1800は集中力は続かないのでこの距離位なら普通に上位争いできる。


今回枠的にそこまで揉まれず先行から中団好位から早めの抜け出しが理想系だとは思う。
先程触れた通り走る気無くすとパタッと競馬自体辞めてしまう面はあるもののそのリスク込みにはなって来るが‥その辺りの兼ね合いだけかなとは思う。



気難しい面は確かにあるが中間の追い切りは除外で伸び伸びにはなっているものの一連のデキはしっかりキープ出来ており


2週前の栗東坂路で助手を背に馬なりで


全体52.9
終い12.0


を見てもわかる様に夏場のこの時期は去年連勝した通り状態面は上向くのか十分この馬の基準で言っても好勝負出来る状態にはある。


あとは走る気持ち1つ。


期待したい!



一発ありますように!





スポンサーリンク



ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと宜しくお願いします。

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでもう一度押してブログ内に入るとランクアップポイントが加算されます)


中央競馬ランキング


Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ